代々木上原皮膚科クリニック 〒151-0064
渋谷区上原1-17-7
FRENITY HOUSE 2F
TEL.03-6407-2121
【当日予約できます】

東京メトロ千代田線・小田急線
代々木上原駅より徒歩2分
受 付 時 間 日・祝
11:00〜13:30 ×
15:00〜18:45 ×
■ トップページ
■ 一般皮膚科
■ 美容皮膚科
■ 小児皮膚科
■ 皮膚外科
■ フラクショナルレーザー
■ フォトフェイシャル
■ しみ・そばかす光治療
■ メディカル脱毛
■ 難治系ニキビ
■ AGA・脱毛症の治療
■ ピーリング
■ イオン導入
■ ヒアルロン酸
■ ボトックス
■ 高濃度VC点滴
■ 点滴・注射
■ 医師のご紹介
■ メディア
■ アクセス
■ 費用
代々木上原皮膚科クリニック:記事一覧



【インフルエンザ在庫状況】在庫あり(15%):在庫が少なくなって参りました。お早めにお越しください。


2019.11.19 
今年もインフルエンザ予防接種の時期になりました。

本年のワクチン生産量も例年並みのため、
ご予約を承ることができません。

受付窓口、またはお電話、
ホームページでも当日の在庫状況をご案内しております。
ご確認の上で直接ご来院くださいますようお願いいたします。

おとな(一般):1回 4,200円

渋谷区こども(1歳〜12歳):2回無料。接種間隔は2〜4週間。
渋谷区こども(13歳〜中学3年生):1回無料。
    ※医療証をお持ちください。
    ※0歳はおとな料金となります。
    ※渋谷区以外にお住まいのお子様はおとな料金となります。

65歳以上(渋谷区在住):1回無料。渋谷区から接種票が届きます。
65歳以上(他区に在住):お住まいの区から接種票が届きます。(費用は接種票に記載)

当院の領収書・明細書はそのまま会社提出用として使用できます。


渋谷区こどもの予防接種はこちらから

渋谷区高齢者の予防接種はこちらから



【アトピー性皮膚炎】注射による治療がはじまりました。


2018.10.12 
いつも代々木上原皮膚科クリニックに
ご来院くださいましてありがとうございます。

アトピー性皮膚炎の新しい注射薬、
デュピクセント®を使用した治療が当院でもはじまっています。

2週間に1回の間隔で注射を行い、4ヶ月で効果を判定します。
効果があると判定された場合はその後6ヶ月間注射を継続します。
重症の方には大変有効な治療方法です。

健康保険が使用できますが、非常に高価な注射薬のため、
窓口でのお支払い額はおよそ初回5万円、2回目以降2万5千円となります。

治療についてのご相談はご予約時または診察時にお申出ください。

なお、初診日当日に注射をご希望の場合は、
事前にお電話でその旨お知らせください。
注射薬をお取り置きいたします。

▶︎くわしくはこちらから

▶︎冊子デュピクセントを使用される患者さんへ

▶︎冊子知っておきたい医療費の助成制度について




【問診票ダウンロード】初診時に記入してお持ちいただくとご案内までの時間が早くなります。


2018.09.01 
初めてご来院いただく患者様は
下記より問診票を印刷後、記入してご持参いただくと
診察までのお時間が早くなります。

問診票のダウンロードはこちらから




【化粧品の配送サービスはこちらから】


2018.07.14 
大変お待たせいたしました。

当クリニックにご来院いただいたことのある患者様に限り、
ドクターズコスメをご自宅にお送りできるようになりました。

日々お忙しく、クリニックにご来院いただくお時間のない方は
ぜひこちらの配送サービスをご利用くださいませ。

詳しくは専用のオーダーフォームをご覧ください。
こちらから→ http://uehara-hifu.jp/form/




「花嫁とお母さまのためのブライダルコース」


2017.05.21 
花嫁が最も輝いて、最も見られる、
人生で最高の瞬間のために。
わたしたちができることを考え続けました。

素肌の透明感で
美しい花嫁をさらに美しく。
デリケートな肌だからこそ、皮膚科という信頼を。

どの瞬間を撮られても美しく、
自信のあるやわらかい表情を最大限に引き出します。

フルオーダーで一緒につくりあげる
花嫁とお母様のためのメディカルエステです。

もちろん、お嬢様だけ、お母様だけでも。

コースは1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月。
ご予算に合わせてカスタムメイドいたします。

まずは安心してご相談にいらしてください。




肌の苦労話009『まだまだある、私の皮膚病歴』


2014.01.18 
今回は、ニキビだけじゃない、
私の過酷な(?) 皮膚病遍歴を振り返ってみます。

病名「皮脂欠乏性湿疹」
小さい頃は冬になるとカサカサし、特に顔が赤く汁が出てました。
父の友人の皮膚科医が私を見て、お世辞にも可愛いと言えないと言っていたそうです。

右腕のイボ
二の腕の内側に小さなイボがありました。
1mmくらいの小さなもので特に治療もせず治ったのですが、
たった1mm の出っ張りが子供心にも恥ずかしかったのを覚えています。

あせも
夏になると肘の内側が痒くなりブツブツしてました。
白く残る変な匂いの薬を塗ってました。

毛虫皮膚炎
田舎で暮らしていたためかまわりに木が多く、
首がチクチクと痒く、襟に毛虫が付いていることがよくありました。

とびひ?毛嚢炎?
どんな症状だったか今となっては思い出せませんが、
小学生の頃、おしりに黄色いガーゼを貼って毎日消毒する処置を父にやってもらってました。

父は身内に容赦がなく、乾いて患部に貼り付いたガーゼをそのまま剥がすのです。

ベリッと音がするのと同時に痛みが走り、
私が痛いと言っても、こんな小さな傷痛いわけがないと言い張り処置を続けてました。

その時の痛みが忘れられないので、
私は処置の時決してガーゼを無理に剥がしません。

じんましん
寒冷・コリン性・急性と種類も豊富です。

帯状疱疹
小学生4年頃、
右側の背中にポツポツと赤い発疹とピリピリした神経痛、
疲れやすくだるい症状がありました。

普段は負けない姉弟喧嘩にもあっさりと敗れ、
神経痛も辛くメソメソしていたのを覚えています。
神経痛は温かいお風呂に入ると楽でした。

肌の苦労話は尽きません。



肌の苦労話008『私のピーリングライフ〜ニキビ痕が夏ミカン風から温室ミカン風になるまで』


2013.09.21 17:00:05

こんにちは。院長の竹尾です。


最初はあれだけあったニキビが少し減ると、もう少し良くしたい...
さらに減ると、全部なくしたい...
ほとんどなくなると「このニキビ痕、何とかならないの?」


人間の欲望にはキリがありません。


ちょうどその頃、
ある内服薬のウラ技にキズ痕を治す効果があると話題になりました。
私も飛びついて飲み始めたのですが、
どれだけ飲んでも自分でも効果がわかりません。


例えば10個のニキビが5個に減ると
ニキビの治り方の特性から良くなったことがわかりやすいのですが、
シミやニキビ痕は時間をかけて少しずつ良くなるので
毎日鏡を見ていると却って効果がわかりにくいのです。


女性でなくとも一般的な生活をしていれば
鏡を見ない日はないと思いますが、
特に気になるモノが肌にあれば
必要以上に鏡を見てしまいますよね。


せっかちな私は、
じっくり飲み薬を飲んで
ゆっくり効果を待つことができず
別な方法に走りました。


『ケミカルピーリング』です。


ピーリング(皮を剥く)と言う名前と、
10年以上前にアメリカで行われていたブルーピールで
皮膚がボロボロ剥けることから、
今でも時々、ケミカルピーリングは皮を剥くのですか?
と訊かれることがあります。


実際には酸性の薬剤を塗るだけですので
「皮膚表面の角質層」にしか作用しません。


古くなった細胞を剥がすため部分的にかさつくことがあっても
皮がボロボロ剥けることはほとんどありません。


つづく。



『Lips』2013年4月号にて当院のクレンジングジェルをご紹介いただきました。


2013.05.02 

当クリニックのドクターズコスメ
『クレンジングジェルNo.1』を気に入っていただき感激です。

これからもお肌が敏感な方やニキビでお悩みの方に
安心して使っていただけるドクターズコスメを少しずつ開発していきます。
どうぞお楽しみに。

メディアページは→こちらから




肌の苦労話007『私がニキビをキレイに治せた3つの理由(おまけ)』


2013.03.04 

私のニキビが酷かったことは繰り返しお話ししていますが、
そんなにニキビがあるのでは
さぞかし両親のどちらかも酷いニキビがあったのではと言われます。


ところが父は思春期に少し、
母に至ってはいまだかつて1個もできたことがないと自慢します。


さらに、私と性格も顔もそっくりといわれる祖母でさえも
「あの人は肌だけはきれいだった」と亡くなった後でもよく耳にしました。
そっくりと言われているので「肌だけは…」と限定されることに多少の抵抗があります...。


ですので、両親・祖父母とある程度「肌質」が似ることはあっても、


ニキビは遺伝しません!


ただニキビで苦労された方は、
ご自身の子供の治療に熱心な傾向があります。


クリニックにも
「私も酷くて苦労したので、子供のニキビは早く治したいと思って」と、
お子さんと一緒に来院される親御さんが多くいらっしゃいます。


うちの両親は肌トラブルが少なかったので、またかなり昔のことなので、
ニキビは青春のシンボル、時期が来れば治る、と考えていたようです。


父は外科医ですが(だからか)特に薬を出される訳でもなく、
病院を紹介されるわけでもなく放っておかれました。


また自分でも、大人になれば治るのねと、信じていました。


今では治療法も増え、
『ニキビ治療は皮膚科へ』とCMで流す時代ですので、
さすがにそんな考えの方は少なくなりましたけどね。




肌の苦労話006『皮膚科医が教える1分洗髪法』


2013.02.16 

手順1
少しぬるめのお湯で頭皮および毛髪をよく流す。
この作業だけで7割程度の汚れは落ちます。

手順2
500円硬貨大に出したシャンプーをよく泡立て
頭皮を中心に手のひらで優しく1分程度洗う。
この際ブラシなどで頭皮を擦るのはもってのほかです。

手順3
泡が完全になくなるまでよくすすぐ。
この後のコンディショナーは普通に使用して構いません。

頭皮の乾燥が強い場合は、手順1の前に頭皮の乾燥が気になるところに
椿油オイルを塗り数分置きます。そのまま普通にシャンプーで1度洗いしてください。





肌の苦労話005『これって病気?頭皮のかゆみ』


2013.01.25 

「寒くなると頭が痒くなるな…」と思っていた大昔。

洗い足りていないのかな?と、ごしごし洗っていました。
とくに痒い場所は念入りに、指の腹でいつもより時間をかけて。

ところが良くなるどころか却って痒みが増し
結局は薬のお世話になり痒みを抑えていました。

それから少し時間が経った昔。

自分でも薬が出せるようになっていたので
冬になると頭が痒くなるものだと諦めながら
抗真菌剤の入ったシャンプーを使い、薬をつけていました。

その時
汗ばみ始める春になると、頭の痒みが楽になることに気づきました。

そして
からだや手足は冬になると洗い方を変えたり保湿クリームを塗ったりするのに
なぜ頭皮だけ一年を通してケアが一緒なんだろう?と疑問がわきました。

頭皮は皮脂腺の多いところなので脂は充分足りていると勝手に判断し、
冬になって乾燥しているにもかかわらずそれを悪化させるように洗髪していたのでした。

当時は今より髪も多かったのでなかなか泡立たず
結構な量のシャンプーを使っていたと思います。

今では夏でも洗いすぎないように心掛けていますが、
冬は特にシャンプーを少量出し泡立ててから
頭皮を手のひらで1分程度優しく洗うよう心掛けるようになりました。

それでもかさつく際は、シャンプー前に頭皮にオイルを塗布します。

洗髪時に流れてしまう皮脂を予め補うのが目的です。

オイルというとベタつきが気になるところですが、
皮脂に一番近いものを使用するため、ベタつきはほとんど感じません。
却ってパサついていた髪も潤います。

頭皮環境がよくなったためか、
時々出来ていた毛のう炎も全く出なくなりました。

いま使用しているシャンプーは特に拘ったものではなく
ドラッグストアの店先に積まれている(特売になることが多い)
ごく一般的なポンプ式のシャンプーです。

まだまだ寒く乾燥が続きますので、
薬を塗布しているのに頭の痒みが取れない方はぜひお試しください。

使用するシャンプー量や流すお湯の量も減りますので
経済的でもありますよ。



肌の苦労話004 『私がニキビをキレイに治せた3つの理由(後編)』


2013.01.18 

さて、
その昔はニキビが少しでも減ってくれたらと思っていたのに
実際に減ると、もっと良くなれば...全部無くなれば...
と欲が出てきました。


ちょうどその頃結婚が決まり、
主人の家に挨拶に行ったところ
父親からひどいニキビだと言われました。


しげしげと私の顔を見て 「ひでえな」と。


えーっ!これでも半分に減ったんですけど。


なんと義理の父は皮膚科で有名な、
特にニキビ治療の第一人者だったのです。


今までの経緯を話し、早速新しい治療が始まりました。


「あんたのその頑固なニキビを治すのはホルモン治療しかないよ」


ホ、ホルモン?なにそれ?


恥ずかしながら当時の私は知らなかったのですが、
ホルモン療法とは生理周期をピルでコントロールする方法で、
ニキビを悪化させるホルモンを調節することで新しいニキビを抑え、
できてしまったものも悪化させずに治します。


ピルで調節した生理は排卵が起こらないため軽くなります。


私は鎮痛剤が手離せないほど生理痛もひどかったので
ニキビは良くなるし生理も軽くなるこの治療が大好きでした。

副作用のムカムカ・頭痛なども起こらず
1年半程の治療ですっかりニキビも良くなりました。


その後治療を中止しましたが、ニキビは悪くなりません。

もしかしてニキビなんて最初から
なかったんじゃないかとさえ思えるようになりました。


つづく。



肌の苦労話003『ニキビのソントク』


2012.11.21 

こんにちは。院長の竹尾です。


ニキビに悩むみなさんは、損ばっかりで得なことなんてぜんぜんない!
って思っていませんか?

ニキビがあるからって、悪いことばかりじゃありません!
おトクなことだってあるんです。


まずは化粧品カウンターで。
口紅を買えば、まず間違いなくニキビ用化粧品のサンプルがもらえます!


患者さんからは。
逆にニキビを心配されて、これまた化粧品のサンプルをもらってしまいました。


初めて会った人に。
「ああ、あのニキビのヒドイ人ね」とすぐ覚えてもらえます。


友人知人には。
余程脂っぽいと思われるのか、みんなのお土産が「あぶらとり紙」でした。
実際はそんなに脂が出ないため、
自宅には焚き火ができそうなほどのあぶらとり紙があります。


ニキビがある患者さんからは。
「この人ならニキビの辛さをわかってくれるかも」と、
通ってくれる患者さんが増えました。


仕事では。
ニキビに対しての知識はニキビで悩んだことがない人には負けません。
いま、自分の経験を仕事に生かしています。


みなさん、なにごともポジティブに!




肌の苦労話002『私がニキビをキレイに治せた3つの理由(前編)』


2012.10.03 
大学病院の皮膚科に勤務し始めて間もない頃のことです。
何をやっても治らないニキビが顔中にあるのが普通になっていた私に先輩たちは

「どの患者さんよりあなたのニキビはヒドイ」

「私と同じファンデーションを使っているとは思えない」

「そんなクレンジングじゃニキビが悪化するばかりだよ」

「ちゃんと治療したら?抗生物質は飲んでるの?」と言います。


全くの無策だったわけではなく、
努力(?)した結果で治らないのに、何て嫌な事を言うんだろう、
ああ、また肌で損をしていると凹みました。


ちなみに私はニキビに効果的な、
ある特定の抗生物質で酷い吐き気とめまいが出ます。

有効な物も使えない!何て嫌な体質!!


そんな時、一人の先輩が漢方薬を勧めてくれました。

残念ながらお勧めの漢方は体質に合わず効果がなかったのですが、
たまたま漢方のメーカーの方から貰ったサンプルの薬が合い、
ニキビが半減しました。


何だ、こんな方法もあるんだ!
どうして今までかかった皮膚科では出してもらえなかったんだろう?


そこで初めて、
1回行って効果が出ないと皮膚科をコロコロと変えていることに気づいたのです。


あの皮膚科医たちも、
次の一手で漢方薬を考えていてくれたかもと反省しました。


その後、その大学病院では私のニキビに効果のあった漢方薬が採用されました。


でもまだ半分ニキビは残っています。


後半につづく



肌の苦労話001 『ニキビはお肌の病気です』


2012.09.14 

私も思春期の頃、酷いニキビに悩まされていました。

「肌が脂っぽい人」「顔を洗ってない人」という悪いイメージから
嫌な思いもたくさんして、どうして治らないんだろうと、もう諦めかけていました。

皮膚科に行っても特に説明もなく、
「ニキビだから」と塗り薬と飲み薬を処方されますが、全くなおりません。
何軒皮膚科に通っても、処方される薬はほぼ一緒。
ニキビくらいで皮膚科にかかってはいけないのかも?と考えるようになりました。

そこで、「皮膚科医=皮膚のエキスパート」ではなく、
「化粧品カウンターのお姉さん=皮膚のエキスパート」と思い、
南にニキビに効くと言われる化粧品があればそれを買いに走り、
北にニキビに効く化粧品があればそれを取り寄せ、ありとあらゆるものを試しました。
エステにも頻繁に通いました。

あれからずいぶんと年月が経ち、自分自身が皮膚科医となった今、
お化粧品で治ってしまうものから、ありとあらゆる方法が効かないものまで、
ニキビとひとことに言っても色々な種類があることに気づきました。

欧米から比べるとニキビ治療はかなり遅れていますが、
日本のニキビ治療もここ最近少しずつ進歩しています。

保険内でできる治療から、
保険外の治療まで、選択肢は増えています。

少し治療をして、
すぐに「治らない…」とあきらめないでいただきたいと、いつも思っています。

代々木上原皮膚科クリニック 院長 竹尾千景



【New】美容レーザー治療機を本格導入。フォトフェイシャル、ムダ毛の脱毛、毛穴の凸凹などに。


2012.04.13 

みなさまからご要望の多かったレーザー治療機ですが、
とうとうパロマ社のスターラックスを今月から本格導入いたしました。

このスターラックスには4つの注目ポイントがあります。

ひとつめは、
開いた毛穴を小さくしたり、ニキビ痕の凸凹を改善できたり、
たるんだ頬を引き上げたりできる『フラクショナルレーザー』という機能。

ふたつめは、
シミやそばかすを「焦がす」→「かさぶたになる」→「ポロリと取れる」機能。

みっつめは、
光照射でコラーゲンの破壊と再生を促し、
肌のハリやツヤをアップさせるお馴染みの『フォトフェイシャル』機能。

よっつめは、
これまたお馴染みの『ムダ毛の脱毛』機能。
医療機関の脱毛機は毛乳頭を破壊する能力を持っているのでパワフルです。

ぜひお試しください☆☆☆

ご予約やお問い合わせはお電話で。
03-6407-2121





【子宮頸がんワクチン】中学1年生〜高校1年生は無料(全額公費助成)で接種できます。※特例措置あり


2012.03.05 

子宮頸がんワクチンが全額公費負担で接種できます。接種票がご自宅に郵送されていますので、必ずご持参いただきますようお願いいたします。

代々木上原皮膚科クリニックでは4タイプを予防するガーダシルを中心に接種していますが、他院にて2タイプのサーバリクスを接種されている場合にはサーバリクスの接種も可能ですので、ご予約時に必ずお申し出ください。


■無料接種対象者

 平成24年度の中学1年生〜高校1年生


■特例措置

 平成24年度の高校2年生は、
 平成24年3月31日までに接種を開始した場合のみ全額公費負担となります。
 接種をお考えの方はお急ぎください。


■一般の方の費用

 ・サーバリクス(2価)16,000円

 ・ガーダシル(4価)16,000円


■ご予約

 予防接種は完全予約制です。
 前日までにお電話にてご予約をおねがいします。
 03-6407-2121


渋谷区の助成については→こちらから

子宮頸がんについては→こちらから





『赤すぐ』2012年3月号で竹尾院長が解説しています。


2012.02.29 
赤ちゃんのUV・汗・虫対策について
竹尾院長が解説しています。

メディアページは→こちらから




肌の苦労話013『クレンジングを変えてニキビすっきり』


2012.02.17 

前回の『戦国厚化粧時代のメイク落とし』を読んでくださった方々から、
クレンジングの種類を何から→何に変えたんですか?
というご質問をよく受けました。

でも、これって個人的な経験で、
違う見解を持ってる偉い先生もいるし。

だけど、ニキビに悩んでる人たちには伝えたい…。

ということで今回クレンジングについてお話ししますが、
この方法以外一切ダメというわけではありませんのであしからず。

最近のクレンジングは優秀なので、
メイクを落とす際一緒に皮脂汚れも落ちており、水で洗い流せる物がほとんどです。

ですので二度洗いは不要、
それだけで洗顔は完結していると私は考えています。

私も以前はメイクを落とした後のヌルヌルがイヤで、
オイルクレンジングでメイクを落としたあとに
しっかり二度洗いをしていました。

ところが脂っぽいのに乾燥し、肌トラブルを起こしやすい。

そこで同じ皮膚科医の夫のアドバイスもあり、
クレンジングジェルにかえてみるとあら不思議。
あんなに頑固だったニキビが少しずつ治り始めたのです。

そこでふと、なぜ二度洗いをするのだろうと疑問がわきました。

ただでさえ乾燥が原因で肌トラブルを起こす人が多いのに、
何度も何度も洗顔して皮脂を取り去ってしまうなんてもったいない!

メイクも皮脂も一緒に落とせちゃえば1回で済むのに。

そこで、様々な商品を買っては試すのですが、
一度洗いでスッキリする気に入ったものに出会えません。

だったら作っちゃえばいいんじゃない!?
ということで、一度洗いで満足するクレンジングジェルを
自分用に作っちゃいました。

いまクリニックで患者さんにお分けしてるのが、
この自分用のクレンジングジェルなわけです。

この時期、乾燥した肌にいろいろ与える事には目が向きますが、
それ以上に取りすぎないことも大切ですよ。




肌の苦労話012『戦国厚化粧時代のメイク落とし』


2012.01.18 

その昔の、厚化粧時代。

クリームファンデの上からバウダーファンデを重ね、
白壁になった肌からメイクをスッキリ落としたい。

と言うことで、
クレンジングのあと石鹸で二度洗いをしていました。

洗顔が終わるとまだ入浴中にもかかわらず
顔の乾燥が始まりパキパキします。

お風呂から上がると大慌てで化粧水を塗り、
乳液・美容液・保湿クリームと考えつく全ての保湿を塗ります。

それなのにコメカミや口の周りはかさついて粉が吹いている...。

で、朝はもう一度石鹸を泡立てて、また洗顔します。

だって昔からそうやって顔を洗っていましたから、
なんの疑問も持たずその洗顔法を続けていました。

たくさん保湿をしているはずなのに
顔が乾燥して小じわが目立つ。

やはり歳だから仕方がないのかなと諦めていました。

ところがしばらく経つと、
乾燥している口の周りに大きなニキビができてるじゃないですか!

でかいし、痛いし、何より目立つ。

抗生物質を飲んでもケミカルピーリングをしても全然治りません!
久しぶりに会う人からもどうしたのと訊かれる始末。

「理由が答えられればこんなに苦労はしてないよ…」
と思いつつ、早く何とかしなければと焦ります。

同じ皮膚科医の夫に相談すると
「使ってるクレンジングの種類が原因じゃないの?」と言われました。

えー、だってこれもう1,2年使ってるし
メイクの汚れも皮脂もスッキリ落ちるって書いてあるのにー?

そんなの関係無いんじゃないの?と思った時、
20年近く前に先輩医師からも同じことを言われた事をふと思い出しました。

あの偉い先生も言っていたことならと、
別な種類のクレンジングに変えました。

ま、変化がなければまた使えばいいんだしね。

ところが1週間も経つと変化が現れてきたのです。

まず、新しいニキビが出来なくなり、
何をやってもダメだった口周りの大きなニキビも少しずつ治り始めました。

あれほどニキビの治療として確立されていることをすべてやっても治らなかったのに
こんな単純なことで良くなるんだと改めて驚きました。


つづく







copyright © 2012 yoyogiuehara dermatology clinic All Rights Reserved